心と体

心の進化

 今日は、予定通り「慈悲とか愛を開発させる修行法」について解説したいと思います。

 一昨日、ジュセリーノ氏という最近話題になっている予言者の本を買いました。これだけテレビや週刊誌などで話題になっているので、我が田舎町の書店でもどうにかこうにか、ジュセリーノ氏の著書を置いてくれました。早速、買って読んでいるところです。全体的にはパラパラと眺めたのですが、テレビ以外で初めてジュセリーノ氏の予言を拝見いたしました。

 私の予知とかなり一致しているところもあり、非常に興味深い予言でした。それと、私が思っている予言をすでに著書で書いているので、改めて私が予言したらパクリになってしまうので、これ以降はジュセリーノ氏の予言を随時参考にすると良いでしょう。おそらくかなり高い確率で予言が的中すると思います。

 もうすでに、秋に起きるかもしれない巨大地震の予兆が出ているようです。私が住んでいる地から南西の方角に妖気が見えております。今日が最初の日なのでこれから少し観察する必要があるでしょう。

 そこで、予言を心配しても、対策を打とうとしても、こう人間の心が荒廃したり、実際に悪行をしたりしていては救いようがありません。このままでは予言の内容以上の酷さになっても、良くなるようなことはないでしょう。

 はっきり言うと、「今すぐ宇宙にでも逃げて下さい!」と言いたいくらいです。

 しかし、霊的に低レベルの地球人を受け入れてくれるお人好しの宇宙人もいないでしょうから、やはり自分たちの星は自分たちで守るべきでしょう。

 それで、本題です。

 今日話す修行法はある程度、ヨーガや仏教の修行をした経験のない人でないとわからないと思いますし、また、経験者でないと修行できないでしょう。最低でも基本的な呼吸法などは出来ていないといけません。

 それで、基本的な呼吸法が出来て、1分程度呼吸法をすれば丹田が熱くなるという程度まで出来るということを仮定して話します。また、各チャクラの位置もわかるという仮定です。救世主養成講座と思って下さい。

 まず、最初に大切なことは、神仏を信仰するということです。宗教は関係ありません。どの神様や仏様を信仰しても結構です。

 ヨーガの修行者でよく欠けているところは、修行方法に夢中で信仰に欠けるということです。ただ、プラーナを意識して呼吸法をパクパクやっているだけでは進歩はありません。常に呼吸と一緒に神様を自分の中に入れるということが大切なわけです。そうすることによって本当に神様や仏様と同じ力が身につきます。同じ精神・心になります。

 では、どこから神様や仏様を入れるのかというと、サハスララ・チャクラから入れます。霊視能力のある人はそこに10円玉程度の大きさの穴があるのが見えると思います。ほとんどの人は見えないと思いますが、そのようにイメージして下さい。

 そこからを吸気と一緒に神様を入れて行くわけです。サハスララ・チャクラ以外からは神様は人の身体には入ってくれません。上手に出来るでしょうか?

 出来ない人は、アジナー・チャクラを使います。眉間のアジナー・チャクラに集中して下さい。すると脳の中心より少し後方になるのですが、ほとんど中心です。ゴルフボールくらいの大きさの金色の玉が見えるはずです。

 その金色の玉を意識しながら、サハスララ・チャクラから神様を入れるイメージをして下さい。今度はわりと簡単に出来るはずです。出来ましたね。

 そして、サハスララ・チャクラから入れた神様は、今、金色の玉と共にあるのですが、それをスシュムナーを通して、心臓のアナハタ・チャクラに下ろして下さい。アナハタ・チャクラは無限の広さの空間を持っています。そこで神様と自分を合一させます。法悦を感じて下さい。

 アナハタ・チャクラは愛や慈悲のチャクラです。神様や仏様の愛や慈悲を身につけることが出来ます。

 こういう修行を毎日続けるわけです。そして、本当の神様や仏様になって欲しいと思うのです。

 これがいわゆる仏教でいう「心解脱」と言われるものだろうと、私は思います。本当の愛や慈悲を身につけることが出来るようになったら、その人を何者も侵すことは出来なくなるでしょう。カルマもその人を侵すことはできません。たとえジュセリーノ氏が予言している感染病もその人を侵すはできないでしょう。そう私は信じます。

 今日は非常に難しい内容でしたが、基本的なことはヨーガなどの専門書を読んで勉強してください。そのうちわかる日も来ます。

|

成人病

 今日は通院の日でした。ところで最近、我が町内で「心筋梗塞」・「くも膜下出血」で倒れるという事件が2件ありました。怖いですね。血管に血栓ができるのですね。心臓にできるか、脳にできるかで病名も変わります。

 私が通院してる病院と「くも膜下出血」で入院していた人は同じなので、母が見舞いに行きました。まだ、手術から2週間程度しか経っていないのでどうだろうかと思っていたのですが、どうやらかなり回復していたようです。40代と若いからだと思います。

 話によると、驚嘆するような手術をしたそうです。「くも膜下出血」で運ばれた時、ちょうど専門医がいなかったので「脳を取り出して、冷凍保存して、次の日に手術」したそうです。

 こんな「ショッカーが改造人間を造るような手術」(「仮面ライダー」から 石森章太郎原作 1971~1973 毎日放送・NET(現・テレビ朝日))が現代医学では出来るのですね。医者によると、どこかに障害が残るそうですが、まだどこに障害が残るのかわからないそうです。

 もう一人、よく前の海に釣りをしに来るお爺さんがいるのですが、一時期まったく見ない日があったのですが、理由を訊くと「腹の動脈が破裂して1年間入院していた」そうです。こんな「腹の動脈が破裂する」ということがあるのですね。本当に血管の詰まりは恐ろしいです。

 「心筋梗塞」と「くも膜下出血」で倒れた2人は、時々、顔を見てよく知っているのですが、どうも病気の前兆として「顔色が食事の時や飲酒の時に、紫色になるという特徴」があったように思われます。自分が病気で調子が悪い時に紫色になったので、そういう時は大変注意して養生したものです。それで以前から倒れた2人も健康は大丈夫だろうか?と思っていたのです。

 「こういう顔色が紫色になる人は、大体1年以内に突然倒れてしまうようですね。」心当たりのある人は、すぐに病院で検査してもらった方が良いと思います。特に、「食生活が乱れている人」・「大酒飲みの人」・「就寝時間が12以降」になる人は要注意です。「夜勤をする人」も注意です。

 素人は顔色を見るだけではわからないのですね。幸いにも私の場合は、ヨーガや仙道の修行をしているので「東洋医学の知識」も自然と学んでしまっているのです。それに「人相」「手相」「西洋占星術」「四柱推命」「気学」「宿曜術」「トランプ」「タロット」などほとんどの占いができるのでわかってしまうのです。

 しかし、健康のことは医者に訊いてくださいね。発見が早ければ薬だけで治せますから。私の母も頚動脈にコレステロールが溜まっているのですが、薬だけの治療で良いそうです。日進月歩で医学が進歩していますから安心して診療に行ってください。但し、「ヤブはいけませんよ!」(V)o¥o(V)

「前兆」に気づけば病気は自分で治せる―クスリをいっさい使わないで治す食事と生活習慣 Book 「前兆」に気づけば病気は自分で治せる―クスリをいっさい使わないで治す食事と生活習慣

著者:石原 結實
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 Book 「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

著者:石原 結實
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

天空に「妖気」が

 今日は「参議院選挙」についてのコメントをしようかな~と思いましたが、「我が道を行く」で前回の続きをやりましょう。

 だいたい、死者が出るような大きな地震の前には、空に「妖気」のようなものが出ます。「妖気」というより「鬼気」と表現した方が良いような、「凄まじい気」です。陽炎のような感じで見えるのですが、そういうのが見えると最低でも震度5はあります。地震のある方角に見えます。

 最近では、「能登地震」の時に出ていました。大体、方角からして、若狭から能登、富山のあたりだろうと予測していましたが、やはり能登で起きました。

 この「妖気」について、初めて気がついたのは「インドネシアの地震」があった時でした。まさに死を感じるような凄まじい「鬼気」でした。目をつむり集中しますと「凄まじい津波」が見えます。私は勘違いして、海洋核実験をどこかの国がやるのだろうと思っておりました。まさか地震が起きるとは思っておりませんでしたから。また、何年か前のフランスの海洋核実験の印象が思い出されたのでそうだろうと思いました。

 ニュースを見てビックリ大地震でした。その時の予測は、「日本から南西の方角で赤道付近、東南アジア、インドネシアからニューギニアあたりで津波が起きる。どこかの国が小さな島で核実験でもするのかな~」ということでした。

 私は若い頃からヨーガなどの修行をやっておりましたが、数年前に内臓の手術をしたあたりから、こういう不可思議な能力が強くなったように思われます。それまでも多少の能力はあったのですが、それほどでもなかったのです。何が原因なのでしょう。8日間絶食したからか。麻酔のせいか。友人たちが手術の成功を神仏に祈ってくれたおかげで神仏の力が加わったからか。

 しかし、正直に言います。今回の「新潟の地震は予測できませんでした。」 パソコンが故障して、それが気になりパソコンを直すことばかり考えておりました。まだ、購入して3ヶ月しか経っていなかったので大騒動でした。

 凡夫とは、雑念が入ればこんなものです。いつも超能力とかの都合の良い能力が使えるものではありません。まして修行途中の未熟ものですから。さらに、劣悪な環境で修行しておりますのでなおさらです。

 もっと恵まれた環境で修行している、他の修行者や僧侶の方々は地震についての予兆のようなものを感じる人も多いはずです。そういう人たちと科学者が組めばもっと高い確率で地震の予知ができるのではないでしょうか。多くの人の生命に関わることですからお互いに協力して欲しいと思います。千人、万人の修行者の予知の統計を取り、さらに科学的に分析していけば正確な予測ができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

|