ニュース

ヘリコプターの墜落事故でイラン大統領と外相死亡。

 中東問題ですが、2日前のイランでのヘリコプター墜落事故により、イランの大統領と外相が死亡したことが確認されました。

 これが本当に事故だったのか?あるは暗殺だったのか?暗殺だったら犯人は誰なのか?大変難しい状況に陥りました。

 

 イランとイスラエルは、今年4月にイスラエルがシリアのイラン大使館周辺を空爆してイラン軍の将軍など7人を殺害し、その報復のためイランがイスラエルにミサイルを発射!その後、イスラエルがイランの核施設の近くの都市を爆破するという応酬がありました。その後、しばらくの間は何のニュースもなかったのですが、ほんの2日前の19日にイランでヘリコプター墜落事故で、イランの大統領と外相が死亡という、とんでもなくキナ臭いニュースが飛び込んできました。

 表向きの原因は、気象状況悪化による事故だろうと言われていますが、情報ではISISが犯行声明を出したとか、イランは「イスラエルの仕業だ!」と非難したということです。

 この問題のポイントは、真相などどうでも良いのです。被害者のイランがどう受け止めるか?が問題なのです。明確な原因は分かっていないのですから、イランとしては何とでも言えるのですね。イスラエルとこれ以上対立したくないのであれば「事故だった」と言えば良いし、この際、イスラエルを徹底的に攻撃してやろうと思えば「イスラエルの工作員の仕業」だと非難すれば良いのです。主導権はイランにあるのですね。

 イスラエルは「やってない」のなら、「やっていないことを証明」しないといけないのですが、イラン国内のことだから証明するための物的証拠を集めることは、ほとんど不可能ですね。

 だから、これから先どうなるのかは、イランの胸先三寸で決まってしまうのです。これから数日間はイランの発言や行動を注視しないといけないですね。

 

 ただ一つ言えることは、予言では「イランとイスラエルは大戦争することになっている」ということですね。問題なのは「何時からか?」ということだけです。「大戦争は必ずやる」のです。

|

中東情勢、危急存亡の刻か?!

 やっと長~い冬が終わって暖かくなり、桜も咲き始めて、花見を楽しもうかと思っていた矢先、とんでもないニュースが飛び込んできました!!

 イスラエル軍機が、シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺を攻撃し、イラン軍の軍事顧問7人を死亡させるという事件が発生しました。それに対してイラン政府は「イスラエルへの報復を宣言」いたしました!!

 ついに数カ月前に始まったイスラエルとハマスの戦争が、イスラエルとイランとの戦争へと拡大する可能性が高くなりました!!

 現在イスラエルはガザ地区のハマスとレバノンにいるヒズボラと戦争中ですが、ハマスとヒズボラの両方を軍事支援しているのがイランなので、遅かれ早かれ、イスラエルは何らかの形でイランを攻撃するのではないか?と予想はされていました。そして、その結果が深刻な事態へと発展するであろうことは、誰でもが予想できるはずです。

 

 もし、イスラエルとイランが戦争になるようなことになれば、イスラエル一国だけでは戦えないので、必ず米軍が参戦するでしょう。こうなると戦争がどんどん拡大して「中東大戦」になってしまうのです。米軍が参戦したら、イランと軍事同盟を結んでいる中国やロシアも参戦するでしょう。そうすれば、さらにEU諸国もイスラエル側について参戦することになるでしょう。日本も米国との関係でイスラエル側につかざる得ないですね。そうなると「中東大戦」が「世界大戦」へと発展する訳です。

 

 つまり、人類は「滅亡の危機」に直面するのです!!

 

 すでにイランは「イスラエルに報復すると宣言」している訳ですから、可能性として最も高いのは、「イランに報復される前にイスラエルがイランを奇襲攻撃する」ということですね。こうなるとイスラエルとイランの全面戦争は避けれないので、多分、現在米国がイスラエルに自重するよう説得しているのではないか?と思われます。

 もしイスラエルが自重するようであれば、国連でイランが非難するだけで終わるでしょうが、自重しなければ「中東大戦」に突入するでしょう。

 

 以上、これだけの解説だけなら誰でもできる普通の解説ですが、予言的にどうなるのか?というと「中東大戦」が起き、「世界大戦」にまで発展する可能性の方が高いです!!余程政治手腕の優れた政治家でないと、この事態を避けることはできないでしょう。避けることができればノーベル平和賞ものです!!

 「中東大戦」が起き、米軍の戦力が中東に集中した時、問題になるのは「中国はどっちを向くか?」ということです。今がチャンスとばかりに「台湾侵攻」を開始するか?中東の油田が破壊されたら中国経済崩壊どころか、世界経済が完全崩壊するので、イランを守るというより油田を守るために台湾侵攻を諦めて、イランに大軍を派遣するか?のどちらかになるでしょうね。

 いくら台湾や尖閣を占領しても、中東の油田が破壊されたら、占領した台湾や尖閣ごと国が崩壊しますからね。人口の多さが致命傷になるのです。国民を養えないから内部崩壊するのですね。

 「中東大戦」に発展したら、岸田政権では、この問題を乗り越えることはできないでしょう。イランとロシアと中国が同盟しているから、日本がイスラエルを支援したら、最悪、ロシアと中国は日本を攻撃して来ますからね。それが軍事同盟というものですからね。

 

 どうなるにしても、我ら庶民は成り行きを見守るしかできません。

|

漫画界の巨星落つ!!

 すでに二日前のニュースになっていしまいましたが、漫画界の不世出の巨星「鳥山明」氏がご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。(。-人-。)

 

 「鳥山明」氏は「ドクタースランプ」「ドラゴンボール」の漫画やアニメ、ゲームでは「ドラゴンクエスト」「クロノトリガー」などで超有名で、世界中のほとんどの人が知っている作品ではないかと思います。

 

 特に「ドラゴンボール」に関しては、私が原因不明の病気になって、死ぬほどの苦しみを味わっていた頃、毎週月曜日に発売される集英社の「少年ジャンプ」に連載されている「ドラゴンボール」を読むことを目標に命を繋いで来た、そういう命の糧でもありました。そういう意味で「鳥山明」氏は、命の恩人でもありました。

 私が20代の後半に過労で倒れまして、それから何度か医者に行って検査をして貰ったのですが、全くの原因不明で、一時は呼吸も心臓も止まるという危険な状態が何年も続いたのです。非常に苦しいから「誰か殺してくれ~!」と何度祈ったことか分かりません。そんな中で、「少年ジャンプ」に連載されている「ドラゴンボール」は唯一の心の支えでした。「何とか来週の月曜日の少年ジャンプ発売日まで生き延びて、ドラゴンボールを読もう」と、そうやって一週間ずつ生き延びてきた訳ですね~。

 

 そして運命の「ドラゴンボール」終了の年、1995年ですが、この年には1月に阪神淡路大震災があり、3月に地下鉄サリン事件があり、そして7月は私の家が火災に遭いました!!隣家からの類焼です!!「ドラゴンボール」の内容は、魔人ブーが元気玉で孫悟空に倒されるシーンでしたね~。火事の後の処理に嫁さんの弟夫妻が後片付けに来てくれたのですが、私は買ったばかりの「少年ジャンプ」の「ドラゴンボール」を読んでいて、それが非常にひんしゅくを買ったのです。当然、そうなるだろうな~と思ってはいたのですが、体の具合いが悪かったので、嫌われようとも読まざる得なかったのですね。

 私の病気で困ったことは、他人が見たら外見上普通に見えるということですね。だから「あいつは怠けているのだ!」「怠け者だ!」とよく非難されるのです。本当に、これには腹が立ったし、悔しかったし、情けなかったです。普通、怠け者が過労で倒れて臨死体験をするまで働きますか?というのです。働かせるだけ働かせて、病気になって寝込んでも誰も見舞いに来ない!!見舞いに来ないばかりか、非難ばかり!!

 だから、よく思ったものです。1999年より前ですから、「こいつら、人類滅亡から救ってやる価値も無い!」とね。だから、本当に怠けてやるようになったのです。あまりにも馬鹿らしくてね。

 

 話は横道に逸れたのですが、運命の1995年の火事以降何があったかというと、今までの病気が嘘のように消し飛んでしまったのです!!完全に消し飛んだのではなく、以前の元気だった頃の8割か9割くらいまで体力が戻ったのですね。頭もほとんどフラフラしなくなったのです。歯を食いしばって本屋まで行って「少年ジャンプ」を買う必要がなくなったのです。それまで本屋に行くのも死に物狂いでしたからね。

 それから約30年、医学も進歩して、約30年前は原因不明で分からなかった病気も、何とか分かるようになり、薬さえ飲めば普通に動けるようになっております。1995年に一時的に病気が吹き飛んだのですが、2000年以降、また体調が悪くなって不安な時期もあったのですが、今度は原因が分かったので、薬と食生活さえ気を付ければ生活できるようになっています。

 

 「鳥山明」氏がご逝去して、あの人生で一番苦しかった時期を、あの「鳥山明」氏の「ドラゴンボール」が私の命を救ってくれたな~、と、本当に感謝の思いで、あの頃のことを思い出しております。「鳥山明」さん、本当にありがとうございました。(。v_v。)ペコ

|

元旦から大地震!!(◎_◎;)

 「令和6年能登半島大地震」で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

 

 もう昨日になってしまましたが、喜ばしいはずの元旦に、いきなり大地震が起きてしまいました!まさか元旦から!!今年は、本当にとんでもない年になりそうですね。

 私は、地震があった頃は、御屠蘇は飲んでいなかったのですが、餅を食べると酔ったような状態になる体質で、少し眠っていたのです。どうも炭水化物を食べると、腸内細菌がアルコールを作る体質の人がいるそうなのです。私もそのタイプなのかも知れませんが、グ~グ~眠っておりました。

 午後4時半前後でしたが、どうも周囲が騒がしいのです。何があったのかな~と思ったのですが、そのまま午後5時まで眠って、そろそろ夕方の勤行をしようと思って起きたのです。そして、勤行が終わって、台所に行き、何か正月番組でもしていないか?と思ってテレビを観たら、津波情報が出ているのです。最初は、外国で大地震があったのだろうと思っていたのですが、よく地名を見ると、どうも日本海側らしいということが分かって、日本海のどこで地震が起きたのか?10分程観ていると、どうも「能登半島」で起きたらしい。それも震度7!!これで驚いたのです!!

 

 確か「阪神淡路大震災」の時が震度7だったので、これは大変だ!!と思って観ていたら、やっぱり大火事になっているのです。冬なのでストーブをつけているから大火事になったのでしょうね。

 

 地震が起きた時間が夕方だったので、すぐに夜になったので、全体的な被害の全貌が分かりませんが、とんでもなく大きな被害が出ていると思います。余震も何度も繰り返されて、被災者の方々は本当に辛いでしょう。心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

 

 

|

いよいよ政局か!?(◎_◎;)

 年も押し迫って、もう12月13日になりました。

 早く沈没しないか!と期待をして見守っていた岸田政権が、大揺れに揺れております!ポッと出て来た清和会(福田派、安倍派(晋太郎)、三塚、森派、町村派、細田派、安倍派(晋三))のキックバック問題。

 大揺れに揺れていますが、一番の原因は岸田首相の人気の無さでしょう!清和会のキックバック問題が無くても、岸田政権の支持率は、自民党支持者からも見捨てられて、総辞職は時間の問題となっています。

 

 ところで、清和会の呼称を「安倍派」とマスコミが言うのはどういうことなんでしょうかね?印象操作などの作意を感じますね!マスコミや左翼は安倍元首相が大嫌いで、死後も攻撃しているのですが、普通の日本人では考えられないことですね!ひょっとして、巷の噂通り日本人ではないのかも知れないですね!安倍元首相が清和会の会長になっていた期間は、わずかに8カ月だし、もうお亡くなりになって1年と数カ月経っているのです。もう故人ですわね~。それなのに、未だに「安倍派」とはどういうことでしょうか?悪意しか感じないのですがね!

 しかし、この清和会のキックバック問題で思うに、自民党は小さくなりましたね。一人千万単位ですからね。昔の自民党を知る者なら、普通は億単位なはずです。千万単位では選挙資金にもなりませんわね。

 国政選挙に掛かる費用は、大体、1億円以上ですからね。別れた嫁さんが、昔、国会議員の事務所で働いてたのですが、その時、衆参同時選挙があって、社長も立候補した訳ですが、自腹で5000万円出して、残り5000万円は銀行から借りたそうです。結局、その選挙では落選したのですが、「5000万円の借金だけが残った」と嘆いてましたね~。

 だから、金額的には大した問題ではないのですが、社会風潮として、政治倫理として、どうなのか?という問題になっているのですわね。しかし、このような問題は、他の派閥や政党にもあるかも知れないのに、ただ「安倍派、安倍派!」と騒ぐのはなぜでしょうかね?

 

 経験上、マスコミが大騒ぎを扇動する時は、何か魂胆がある時です!!それが何なのか見極める必要がありますね。昨今のマスコミは、本当に日本のマスコミなのか?!という行動をしていますからね。マスコミの言う事が信用できないのです!

|

イスラエルVSハマスの戦争は続く

 もう11月ですね~。しかし、11月になっても涼しくなりませんね~。まあ東日本のの方は涼しいのでしょうが、西日本は全然涼しくなりませんね!

 しかし、周囲を見ると寒そうにしているのです。ひょっとして、私が筋トレしているから、自分が暑苦しいだけなのか?そういうことはさて置き。

 

 問題は、「イスラエルとハマス」の戦争ですね!11月1日のニュースでは「イスラエルがガザ地区の難民キャンプを爆撃した!」という残虐なニュースが入って来ております。戦争にもルールがあって、第一次世界大戦後に国際的に決められた「ハーグ陸戦条約」という国際法があるのです。これによると「兵士以外の民間人を殺してはいけない」ことになっているのです。だから、難民キャンプを空爆するなど言語道断ですね!

 

 しかし、この「ハーグ陸戦条約」というのは、あるだけでほとんど守られていないですね!!第二次世界大戦中は、米軍が日本本土に対して、無差別に空襲して来ましたわね!!原爆投下は最悪でした!!それで戦後、「ハーグ陸戦条約」違反だからと言って裁かれないのです!前例として、こんなことをしているから、それ以降の戦争も平気で国際条約を破って、無差別に攻撃するようになったのです!!

 

 まあイスラエルの場合は、国を失うとはどういうことか?2000年以上ず~と経験し続けて来たので、必死なのでしょうがね。世界各国で迫害され、弾圧や虐殺もされたのです。その恐ろしさが身に染みているのですね。それで、何とか自分の国を作って自分たちを守りたいと言う想いでイスラエルと言う国を、イギリスの口車と分かっていても、それに乗って建国した訳ですね。

 だから、国を失うことの恐怖というのが強いので、人道などに構ってられないのです。だから、我々から見たら非常に残虐な攻撃でも平気でできるのですね。しかし、そういうことをすれば、周辺のアラブ諸国から物凄く恨まれるし、その他の国々も非難せざる得ないのです。

 こういうスパイラルがず~と続いて、憎悪の上に憎悪が重なるから、もうどちらかが絶滅するまで戦争は終わらなくなるのです。まあ、協定によって停戦ということはできるでしょうがね。それは戦争で疲弊するから、一旦休憩ということで停戦協定ということになるのですが、まだ始まったばかりなので、そこまでに至るまでは、長い時間が必要となるでしょう。誰か英雄が現れないことには休戦は無理でしょうね。

 

 休戦させることができるのではないか?という人物の心当たりはあるのですがね。それは「トランプ元大統領」ならやってくれるのではないでしょかね。次の大統領選挙で勝って、トランプ大統領に中東での戦争を止めさせるですね。トランプ元大統領は何をするか分からない人なので、恐ろしいから、トランプ大統領の任期中は停戦しておこう、ということにならないか?と思うのです。

 しかし、そうなると来年中はず~と戦争になってしまいますわね。本当に困ったものです。

|

深刻なイスラエルVSハマス戦争

 ハマスがイスラエルに対してロケット弾で攻撃して、今日で10日となりますね。戦力的にイスラエルの方が圧倒的に強大なので、イスラエルの激しい反撃が繰り返されているようですが、今回のハマスは徹底抗戦の様相を呈しており、さらにはレバノン方面からヒズボラもイスラエルを攻撃しているので、なかなか一筋縄ではいかないようです。

 

 問題は、ハマスに対して数千発のロケット弾を供与した謎の国の存在ですね。マスコミやネットでは、「イラン」と「ロシア」に疑いがかかっているようです。特に、イランとイスラエルは激しく対立しており、イランを犯人と決めつけて、イスラエルはイランを爆撃するのではないか?という状況になっております。

 

 毎日、マスコミで報道しているのですが、今一つ先が見えて来ませんね。そこで世界の有名霊能者たちは、どう見ているのだろうか?と調べて見ると、どうも先行き芳しくないです!「この戦争は拡大する」という予想ですね。「中東全域に拡大する」という予言ですね。非常に困ったことです。油田が爆破されたり、ホルムズ海峡海峡が封鎖されたりすると、世界経済にとって大打撃になるどころか、人類の存亡に関わって来ます。そして、私自身、その可能性は50%以上ある!と見ているのです。

 誰か英雄が現れて、この戦争を止めてくれないか?と思っているのですが、イスラエルと中東諸国との憎しみが強過ぎてどうにもならないのですね~。とことんやるしかないのか?と、諦め気分でもあります。

 

 我々庶民がやるべきことは、どう事態が転んでも何とか生きて行けるように、よく備蓄をして置くことでしょう。石油がストップしたら、食糧や燃料は天文学的な値段に跳ね上がるでしょうから、食糧や燃料の備蓄をしっかりして置くことが大切だと思いますね。これから冬なので、備蓄だけで春まで頑張れる程度までの備蓄は必要でしょう。

|

イスラエル激震!!

 今日は、やっと暑さもなくなり、涼しくなったことを書こうと思ったのですが、イスラエルで大変な事件が発生しました!!

 

 イスラエルのパレスチナ自治区のガザから、武装組織ハマスなのですが、イスラエルに対して2000発のロケット弾が発射されたというニュースが飛び込んできました!!

 現在、日本のトップクラスのボディビルダーであり、日本体育大学の教授でもあるバズーカ岡田氏がちょうどイスラエルに行っており、イスラエル国内の状況を動画配信しておりました。ニュースではロケット弾と伝えてますが、ミサイルもあって、そのミサイルを迎撃システムで迎撃しており、迎撃しきれなかったミサイルが落下していると話してましたね。詳しくは、ユーチューブのバズーカ岡田氏の動画を観て下さい。昔は、動画のアドレスをブログに貼り付けることが出来たのですが、最近は、それができなくなっているので、ユーチューブの方で動画検索して下さい。

 

 ガザ地区のハマスとイスラエルの紛争というのは、昔から何度も起きているのですが、今回のハマスの攻撃は非常に大規模ですね!イスラエル国内の被害も大きいです!しかし2000発のロケット弾と報道されていますが、その2000発のロケット弾は、どこから調達したのでしょうか?これが非常に問題ですね。

 中東のイスラエルと対立する国のどこかか?ロシアということになるのでしょうね。なぜロシアの名前が挙がるかというと、ウクライナ戦争でウクライナを米国が大変支援しているのです。そしてロシアとは、旧ソ連時代以上の対立となっていて、米ロ戦争一つ手前の状態になっている訳です。

 ロシアはウクライナを支援している米国の目を逸らしたいわけですね。そして、米国の急所はイスラエルな訳です。イスラエルが攻撃されれば、必ず米国はイスラエルを守らないといけない。それは米国の政治・経済をユダヤ人が握っているからですね。そして、来年は大統領選挙があります!!米国の目をウクライナから逸らせるために、イスラエルに目を付けないはずはないのです。

 それでハマスに大量にロケット弾を渡したのはロシアではないか?という疑いが懸けられるわけです。

 普通に考えればイランなんでしょうが、ウクライナ戦争中ですから、どうしてもロシアに疑いが懸ってしまいますね~。

 

 それにしても、イスラエルの被害が甚大なので、現在イスラエルは報復していますが、今までの報復とは比べ物にならない程苛烈なものとなるでしょう。そして、ハマスに武器を調達した国を徹底的に追及して、最悪報復するでしょうね。下手したら中東戦争が勃発するでしょう。

|

豪雨!!(◎_◎;)

 いや~、本当によく降りますね~。北九州方面は、豪雨が続いて酷い被害を受けているというニュースですね。本当に大変ですね。お見舞い申し上げます。m(_ _)m

 

 私が住んでいる地域も九州や山口県ほどではないのですが、かなり豪雨が続いています!約50年前に、大変な豪雨被害を受けたので、それに近い豪雨が続くと大丈夫かな?といつもの心配になります。近くに大河川とかはないのですが、谷川があって、細い川だから、ちょっとした大雨で溢れるのですね!

 谷川とか、用水路とかは容量が少ないから、すぐに溢れて谷川の場合は水が住宅地に直撃するのですが、用水路の場合は、どこが道で、どこが川なのか?全然分からなくなるのですね!そして、これらの小さい川は短時間で水が溢れて洪水になるので、逃げる余裕が無いのです。

 約50年前の大洪水の時は、私が鉄筋の2階に住んでいたので、家族皆、私の部屋に逃げて来たのですね!それも夜中にね!私は高校受験中だったので、豪雨が続いていたのだけれど、そこまで酷くなって、洪水にまでなっていることに全然気が付かなかったのです。家族の者が、どかどかと逃げて来て、初めて洪水になっていることを知ったのですね!床上浸水で大変でした!

 話を聞いてみると、山の上の方で山崩れが起きて、大きな岩が川をせき止めてしまって、どんどん住宅地の方に水が流れて来て大洪水になっている!というのですね!それで翌朝に家の周囲を見たら、道の真ん中が抉れて小さな川のようになっているのです!アスファルトなど全部剥がれて無いし、家の外に設置していたプロパンガスは、ガスを噴きながら海の方へ流れて行っているのですね!!

 本当に約50年前の大洪水は大変でした。だから、洪水のニュースを聞くとあの頃のことを、まるで昨日のように思い出す訳です!約50年も経っているのに忘れないのですね~。あの時代には「心のケア」とか無かった時代ですからね。いつまでもトラウマになって残っている訳です。

 災害の被害に遭われた方たちの、心のケアなどの救済もしっかりやってあげて欲しいと思います。

|

藤井聡太最年少名人誕生!!

 まずは、連日の大雨で被害を受けた方々に対して、心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

 

 本当に大雨続いて、各地で洪水が発生して大変ですね!今もJRが大雨が続いたために、線路の状態の確認作業に来ております。深夜の点検、ご苦労様です。

 

 そんな中で、将棋界では驚くべきことが発生しましたね!「藤井聡太最年少名人誕生!」ですね。実力と戦歴から見て、名人位を奪取するのではないか?と思われていたのですが、相手の渡辺名人も非常に強いですし、名人としてのプライドがあるでしょうから、簡単には行かないだろうと思っていたのですが、藤井聡太六冠が、とんでもなく強かったですね。4勝1敗で勝負が決まってしまいました。

 弱冠二十歳で名人ですから、凄いとしか言いようがないですね。

 将棋界でのタイトルの順位は「竜王、名人、・・・」と続く訳ですが、「名人位」が「竜王」より下になっているのですね。私は、これはおかしいと思うのですが、日本将棋連盟の決まりですから仕方ないですね。しかし「名人位」というのは、非常にタイトルを取ることが難しいのです。他のタイトルは、たまたまその年強くて調子が良ければ取れるのですが、「名人位」だけは、数年間強さと好調を維持しないといけないのですね。それは、「名人位」に挑戦するために順位戦で勝ち続けて、昇段しながら、クラスを1つ1つ登って行き、そして、最後に「A級順位戦」でトップになって初めて挑戦できる訳です。

 最年少名人になるには、四段でプロになって、それから毎年順位戦で勝って、昇段を繰り返さないといけない。A級を含めて5つのクラスがあるので「5年間」強さと好調を維持しないといけないのですね。強さの方は、段々高段者と戦う機会が増えるようになるので、急激に強くなって行かないといけないのですね。だから、強さは毎年増さない行けない訳です。最年少名人になるには、それを新四段から一気に5年間続けないといけないのですね。非常に難しいことです!強ければ良いというものではないのですね。それだけ「名人位」というのは重いのですね。

 この藤井聡太最年少名人誕生の記録を破るには、最早、小学生でプロにならないと不可能な状況になってますね。厳密には、13歳以下でプロにならないと破れないということです。囲碁界では、小学生のプロ棋士が誕生しているのですが、将棋界も、そろそろそういう時代に、小学生プロ棋士が登場しないといけない時代に突入したのかな~と思います。

|

より以前の記事一覧