« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

5月31日

 今日は5月31日、5月の最終日になりました。

 今月は少し長く感じましたね~。雨が多かった所為か?私が一番嫌いなGWがあった所為か?長~く感じました。

 

 毎年5月は、GWの頃に東京で大地震があるのではないか?という噂がネット上で広がるのですが、今年は、そういうことはほとんどなく、専ら「来年2025年7月5日にフィリピン沖で巨大地震が起きる!いやいや隕石が落下する!海底が隆起する!」そして、「それらの影響で日本に大津波が襲い、非常に多くの日本人が死亡する!」そういう話題ばかりがネット上を駆け巡って、それは今でも続いています。

 私もこの話題について、あっちこっちから「本当のところどうなるのでしょうか?」という質問ばかり受けております。実のところ「私はそういうことは分かりません!!」とハッキリ答えています。理由は、来年の7月に日本を大津波が襲い、大量の日本人が死亡するという様子が全く見えないからですね。だから、来年にはそういうことは日本近辺では起きないのではないだろうかと思っています。少なくとも日本人が大量に死亡するということは、全く見えていないので起きないと思います。

 

 ただ将来、日本人が大量死するということは「ある!!」と思っています。「それは見えています!!」しかし、その悲劇的未来を変えられる時間的猶予はまだ残っています。そういう「猶予があることも見えています!!」

 悲劇的未来にするのか?悲劇を回避した未来にするのか?それは日本人が、日本をどういう国にするべきなのか?日本人の行動にすべてが懸っています。そうですね~。「3年~5年くらいの猶予はある」でしょうか。

 日本人がするべきことは、「日本の国土のカルマをこれ以上穢さない!!」これにすべてが懸っています!!そして、日本の国土のカルマは日本に在住するすべての人の行いによって決まるのです。

 日本に住むすべての人々が常に善行をすることが大切なのです。そして、善行ができない人には、日本から出て行ってもらう。さらに善行ができない人は日本に入国することを諦めて貰う。これらのことができれば日本に起きる悲劇的な未来のほとんどは回避することができるでしょう。

 しかし、現状は全くできていなくて、悪行を積みたくて日本に入国している人が多いということになっています。これでは来年の7月に起きるかも知れないと噂されている凶事を回避することができても、近い将来、噂されていることと同じようなことが起きるでしょう。

|

ヘリコプターの墜落事故でイラン大統領と外相死亡。

 中東問題ですが、2日前のイランでのヘリコプター墜落事故により、イランの大統領と外相が死亡したことが確認されました。

 これが本当に事故だったのか?あるは暗殺だったのか?暗殺だったら犯人は誰なのか?大変難しい状況に陥りました。

 

 イランとイスラエルは、今年4月にイスラエルがシリアのイラン大使館周辺を空爆してイラン軍の将軍など7人を殺害し、その報復のためイランがイスラエルにミサイルを発射!その後、イスラエルがイランの核施設の近くの都市を爆破するという応酬がありました。その後、しばらくの間は何のニュースもなかったのですが、ほんの2日前の19日にイランでヘリコプター墜落事故で、イランの大統領と外相が死亡という、とんでもなくキナ臭いニュースが飛び込んできました。

 表向きの原因は、気象状況悪化による事故だろうと言われていますが、情報ではISISが犯行声明を出したとか、イランは「イスラエルの仕業だ!」と非難したということです。

 この問題のポイントは、真相などどうでも良いのです。被害者のイランがどう受け止めるか?が問題なのです。明確な原因は分かっていないのですから、イランとしては何とでも言えるのですね。イスラエルとこれ以上対立したくないのであれば「事故だった」と言えば良いし、この際、イスラエルを徹底的に攻撃してやろうと思えば「イスラエルの工作員の仕業」だと非難すれば良いのです。主導権はイランにあるのですね。

 イスラエルは「やってない」のなら、「やっていないことを証明」しないといけないのですが、イラン国内のことだから証明するための物的証拠を集めることは、ほとんど不可能ですね。

 だから、これから先どうなるのかは、イランの胸先三寸で決まってしまうのです。これから数日間はイランの発言や行動を注視しないといけないですね。

 

 ただ一つ言えることは、予言では「イランとイスラエルは大戦争することになっている」ということですね。問題なのは「何時からか?」ということだけです。「大戦争は必ずやる」のです。

|

GW終了

 とうとうGWも終了しましたね~。長い休日でした。もし子供の頃、これだけ長い休日が続いたら大喜びだったのですがね。小学校卒業するまではね。中学校からは野球を始めたので、確か休日などあってもなくても同じだったと思います。GWの時期は、多分、どこかの学校と試合をしていたと思います。試合が無ければ練習で休日など無かったと思います。

 だから、GWが嬉しかったのは、小学校卒業まででしたね。昔は、運良く5月4日が日曜日にならないと3連休にはならなかったので、小学校6年間の間に、1回か2回3連休があっただけではないでしょうか。まあ、小学校の頃は、連休があると大量に宿題が出たのですがね。プリント問題が何枚も出たと思います。まあ私は、そういう宿題は無視して学校帰りに土に埋めて捨ててしまったのですがね~。だから、大型連休で宿題をやった記憶が無いですね。

 それで小学校5年生の時でしたか、宿題をやってないからということで、何時間も立たされ放しだったことがあります。しかし、何で小学校の時は、あんなに勉強嫌いだったのでしょうかね?中学生になって勉強するようになったと思います。確か、小学生の時はいくら頑張っても通信簿が「オール2」だったから、勉強するのがバカらしかったのでしょうね。それが中学生になると半分以上が10段階評価で「10」ばかりになって、それで勉強をするようになったのですね。しかし、小学校時代の通信簿は何だったのでしょうかね?

 

 しかし、GWは毎年活気が無くなって寂しくなって行きますわね。多分、子供が少なくなったからでしょうね。子供の声がほとんど聞こえないです。最近のGWは非常に長いので海外旅行や長めの国内旅行に行くので、地元に人がいなくなるのです。だから、活気が丸で無いのですね。昔は、ほとんどが飛び石連休で、旅行に行く人は少なく、多くの人が地元にいました。だから、町内のスポーツ大会があったり、歩こう歩こう会があったりして、地域の皆が参加をして楽しんでいたのです。それが、近年では全くないですね。それで余計に寂しくて活気がないのです。連休が長いのも考え物ですね。

 本当にGWは寂しくなりました。

|

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »